マンションリフォームについて

マンションなどの集合住宅についてリフォームが可能となるのは基本敵意は住居部分となる占有部分のみとなっています。しかし占有部分であれば全てがリフォーム可能ということではなく管理規約等で定められている可能性が高いです。

専有部分については玄関の内側から水廻り、居室、室内建具などの住戸内で住人が所有を認められている部分のことです。

マンションでの水周りのレイアウトに関しては給排水管をどこまで動かせるかによって変わってきます。排水管では移動距離が長くなり十分な床下空間が必要になります。
間取りの変更については専有部分であれば変更が可能ですが、構造によっては自由度が変わってきてしまいます。

規約にて求められている要件をくりあしていれば床材の張り替えは自由にできます。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

ページ上部へ戻る