リフォームローンとは

リフォームローンは、民間の金融機関で取り扱われており、自宅に抵当権をつけない無担保ローンが一般的になっています。抵当権をつけて借入を行う住宅ローンに比べると金利が高いという特徴があります。

新築や中古物件を購入する場合には住宅ローンを組んでリフォーム費用を工面することも考えられまますが、リフォームローンと住宅ローンでは、借入額や返済期間などに違いが有ります。ですので、資金計画を立てて、どちらを活用するのが最善なのかを判断することが重要です。

リフォームローンの金利タイプでは、固定金利選択型、固定金利型、変動金利型の3つであり、それぞれに良し悪しがありますので、資金計画に沿った自分に合ったタイプの金利体系で借り入れをおこなうことが好ましいです。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

ページ上部へ戻る