リフォームのきっかけ

リフォームを考えるタイミングではその時の家の状態や費用面の都合など様々となっています。リフォームは老朽化と密接な関係であり、部材・工法を組み合わせて造られていますので、全体的ではなく部分的に老朽化します。

また、家の中で最も老朽化が早いのがキッチンなどの水回りでキッチンはおおよそ15~20年が寿命で水道等の水漏れが発生したり、シンクの汚れが目立ってきたり等が発生します。

リフォームの動機で毎年上位に挙がるのは家族の人数が代わったと言ったことや将来に備えるためなど住む人の家族構成の変化や年齢など、ライフスタイルによる変化も大きな要因です。
いずれの変化も、どれくらい先に起こるものかはある程度予測できますので、計画をたてて行う必要が有ります。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

ページ上部へ戻る