浴室リフォーム 「在来工法」

浴室リフォームはおよそ在来工法とユニットバスの2つの方法に分けることができます。
在来工法とはかつて一戸建てをたてる歳に使用されてきた方法で、ほかの部屋と同じようなつくりで浴室も作るといった方法です。
しかし、浴室は湿気がおおくなりますので、防水加工を施すことが必須となっています。

最近は在来工法からユニットバスにリフォームする家庭も増えてきていますので、それぞれのメリットやデメリット等もしっかりと把握しておくことが良いです。

在来工法のメリットは自分好みの材料を使用することができるということです。ヒノキや石張りやガラス張りなど好きなデザインにしやすいのではないかと思います。
しかし、断熱性が低い、費用が高くなるデメリットなども考えられますので、どのくらい費用がかかるのかリフォーム工事にかかる時間も考えておく必要が有ります。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

ページ上部へ戻る