知っておいたほうがよい基礎

リフォームには「取り合い」ということがあり、リフォームする際に古い部分と新しい部分が隣り合うことをいいます。そこで不具合が生じると、トラブルになりがちですので、それをあらかじめ防ぐために業者さんとの取り合いについて心配があるかを相談しておくと良いでしょう。

また、打ち合わせに内容はしっかりと書面に記しておくと安全です。後に問題が起こった場合等にいった、いってない等の問題になりかねなくなってしまいます。
また、原本だけでなくそれをコピーしたものを用意しておき、施工主と業者さんの両方が書面をもっておくと良いでしょう。

見積書でわからないところはしっかりと確認すると良いかもしれません。思いがけない施工を行ってしまうかも知れませんので、不安な面をなくしていくことが重要です。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

ページ上部へ戻る